ペニス増大サプリ

海外産の増大サプリに迫る!国産との違いやその危険性とは?

海外産と聞いただけで、私たち日本人は期待値を大きくしてしまうことがありますよね。特にアメリカのようなサプリ大国の商品であれば、きっとすごく効果があるのだろう!と思ってしまいがちです。

しかし増大サプリを買おうかな、と思った時、インターネット上で「海外産の増大サプリは危険!」と書かれているのを見て不安になった方もいるでしょう。

海外の増大サプリは危険なのでしょうか?その理由や国産との違いは?安いものではないのに、体に悪い影響があるのでしょうか?

ここでは、海外産の増大サプリと国産の増大サプリの違い、そして海外産増大サプリの危険性やおすすめしない理由を紹介していきます。

効果がありそうだからとか、安いからといった理由で海外産の増大サプリに手を出すのはやめましょう。まずはしっかりと、違いや危険性について知っておいてください。

海外産の増大サプリをおすすめしない3つの理由

海外産サプリをおすすめしない理由を紹介していきます。

主な理由は以下の3つです。

  • 日本人の体格・体質に合わない
  • 環境汚染の可能性がある
  • 購入経緯の問題

日本人の体格・体質に合わない

例えばアメリカ人の大きくて骨太な体と、アジア人の華奢で小柄な体は見た目からして違いますよね。アメリカのハンバーガーやコーラは巨大ですが、日本のハンバーガーやコーラは小さいというのは多くの方が思っていることでしょう。

つまり、その大きな体に合わせて作られた商品は、日本人にとっては過剰なのです。

更にアメリカは訴訟社会ですから、サプリ会社は「効果がなかった」とクレームが起こり裁判になることを恐れ、法律で定められている最大の成分量を配合しています。

つまり、アメリカ人にとっても過剰気味に作られているのです。効き目は強くでますが、副作用も出てしまうでしょう。

環境汚染の可能性

では同じアジア人の国が作る増大サプリならいいかと言えば、そうも言えません。

中国産の増大サプリも日本ではたくさん出回っていますが、中国では工場の衛生面に問題が多々あります。

管理体制が整えられていない場所で安く人を雇って作っているものもあり、不純物が紛れ込んだり環境汚染されている可能性が高いのです。

工場周辺に何かの化学物質を取り扱う工場があったりすれば、やはり大気や土壌は汚染されます。

海外産増大サプリの中でも、特に中国産は気をつけろと言われるのは、以上のことがあるからです。

購入経緯の問題

そもそも外国から物を輸入するには、国の許可を取る必要があります。特に医薬品の成分が含まれている海外産の増大サプリであれば、許可を取るのは必須です。

  • 販売目的・・・厚生労働大臣の承認・許可が必要
  • 個人利用・・・税関での確認が必要

しかしインターネットが発達した現代では、個人輸入の方法でいくらでも外国からサプリや薬を買えてしまいます。購入した後で起きるトラブルは、健康被害や商品が届かないなどです。

返金を求めるのにもかなりの時間と労力が必要となるでしょう。

購入経緯として、トラブルの原因となってしまう個人輸入はおすすめできません。

増大サプリの国産と海外産の3つの違い

まずは増大サプリの国産と海外産の違いから紹介します。製造する国が違えば、当然製品の違いも大きくあります。

実はペニス増大サプリについては、海外の方が歴史が長く、圧倒的に商品数も多く浸透率も高いのです。

ならば海外産の増大サプリの方が確かな製品なのではないか、と考える方もいるでしょう。しかし、そう単純には言えません。なぜなら人種が違えば体格も体質も違いますので、外国人に効果があるからといって日本人に効果があるとは限らないからです。

体に入れるものですので、まずは両方の違いを明確にしてから購入を考えることが大切です。

両者の違いは以下のようになっています。

日本産 海外産
成分 食べ物から摂れる天然成分 ハーブなどの薬草
効果実感 3か月から6か月 1か月から3か月
価格 1万3000円前後 8000円前後
副作用 なし あり
安全性 高い 低い

その中で大きく違う以下の3つの点について、次から説明しましょう。

  • 成分の違い
  • 安全性の違い
  • 価格の違い

成分の違い

日本産の増大サプリはあくまで食品ですが、海外産の増大サプリは医薬品が配合されている製品もあります。

例えば、日本では勃起障害であるEDの治療薬として使われる成分「シルデナフィル」が、多くの海外産増大サプリに配合されています。

シルデナフィルは効果の強い医薬品で、頭痛やほてり、血圧の変動、動悸、頻脈といった副作用があります。

日本では、医師の処方によってしか服用できません。

更に何と、抑うつ剤が使われていた商品も発見されています。この抑うつ剤はヒトへの使用が認められていないものだったのですが、成分表記にその記載はありませんでした。

絶大なる効果を優先するあまり、かなり危険なことをしているのですね。

海外産増大サプリに使われている成分は、日本では認められていない成分が使われているケースが散見されます。サプリメントと思って飲んでいたら実は薬であり効果が強く出る代わりに副作用も起こるという結果になるのです。

安全性の違い

日本には薬事法がありますので、サプリメントといえどいくつかの法律をパスしたものしか製造・販売はできません。

以下は、日本でサプリメントを製造・販売するためにパスしなければならない法律です。

  • 薬事法・・・医薬品成分の配合を禁止する
  • 健康増進法・・・誇大表示を防止する
  • 食品衛生法・・・健康被害を引き起こす恐れのある成分の配合を禁止する
  • JAS法・・・成分を重量順に表示させる義務
  • 景品表示法・・・明らかな嘘の情報の提示を防止する
  • 特定商取引法・・・違法販売を禁止する

その上で、一般衛生管理としてGMP(Good Manufacturing Practice=日本語では適正製造規範)を取り入れる会社も多くなっています。

GMPは原料の入荷から製造の出荷までの家庭で、製品が安全かつ一定の品質を保っているかを見張るシステムです。つまり、GMPの認定を貰った商品は、良質は商品だとなります。

当然、海外産の増大サプリもその国の法律に合わせて製造はされています。しかし法律が違うため、日本では認可されていない成分を使っていることも多く、副作用被害が多く出ています

海外産の増大サプリを飲んで出る副作用は、以下の通りです。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 動悸
  • 食欲不振
  • 悪寒

例えば、アメリカのGMPの基準は日本よりも遥かに厳しくなっています。しかし日本の薬事法の影響は受けませんので、日本人にとって安全であるとは言えません。

更に中国産の増大サプリにいたっては、環境汚染の可能性があります。汚染されたものを体に入れると、当然体調は悪くなってしまうでしょう。

このように、国産と海外産の増大サプリでは安全性が大きく違います。

価格の違い

先に述べた通り、価格にも違いがあります。国産増大サプリは相場が約1万3000円であることに対し、海外産の増大サプリは約8000円となっています。

増大サプリは継続してナンボの製品ですから、毎月支払う金額を考えると海外産の方がいいと思ってしまうかもしれません。

しかし、国産増大サプリの価格には、厳しい管理体制によるコストと、良質な素材だけを使うためのコストがかかっています。

更に言えば、万が一の時の返金保証サービスなどもあるわけです。

飲んではみたけど体調が悪くなった時、国産増大サプリであればサポートにメールや電話が出来ますし、返金保証がついていればそれを使うことも出来るでしょう。

しかし海外産増大サプリであれば、そう簡単にいきません。

  • 英語でのやり取りが必要となる可能性
  • レスポンスに時間がかかる
  • 時差があるためすぐに対応してもらえない

などのデメリットも発生します。価格の違いは、サービスの違いともいえるのです。

国産の増大サプリが安全な理由

では最後に、国産増大サプリが安全な理由を紹介します。以下の3つが、その理由です。

  • 医薬成分が配合されていない
  • 副作用の心配がない
  • GMP認定工場で製造

医薬成分が配合されていない

薬事法で定められているため、日本のサプリメントには医薬品成分が配合されることはありません。

元々体の中にある天然成分だけを使って増大サプリを作っていますので、効果は緩やかですが安全性は高いです。

副作用の心配がない

使われているのは天然成分ばかりです。そして増大サプリもあくまで補助食品であるため、副作用の心配がありません。

日本人の体格・体質にあった成分を、過剰にならないようにバランスよく組み合わされていますので、体調が悪くなることは滅多にないでしょう。

ただし、元々体調が悪い人、持病を持っている人など一部の人は、増大サプリを飲むと病気が悪化したり体調が崩れたりすることもあります。副作用がないというのは、あくまでも健康な成人男性が用法用量を守って飲んだ場合に限ります。

血圧の薬を飲んでいる人や、シトルリン血症の方は増大サプリを飲むのはやめてください。ちょっとでも不安がある方は、摂取前に医師に相談しましょう。

GMP認定工場で製造

先に述べた通り、日本や世界ではGMP認定というものがあります。国産の増大サプリにはこのGMP認定工場で製造された商品が多くあります。

認定を受けたということは、レベルの高い良質な製品であるということです。

何よりも安全が大切ですから、GMP認定された商品を買うようにしましょう。

海外産増大サプリはおすすめしない!

国産と海外産増大サプリの違い、危険性やおすすめしない理由を紹介してきました。

ペニスを大きくしたいと願うのであれば、当然効果を求めるでしょう。しかし効果ばかりを求めたあまりに体を壊してしまったら、意味はありませんよね。

国産の増大サプリは、日本人の体格や体質にあった商品開発をしています。ぜひ良質な国産の増大サプリを選び、ペニスサイズアップを叶えてください。