未分類

【10サイトで検証】ペニス増大の間違った方法と正しい方法まとめ

「増大 間違った方法」で調べるとAのサイトでは正しいと書いてあってもBのサイトでは間違いと書いてある… 結局なにが正しいのかわからない!という方のために、10サイトを見比べて共通して載っている正しい方法・間違った方法をまとめました。 この一記事でペニスの間違った増大法、正しい増大法がまとめてわかります。

ペニス増大の間違った方法・正しい方法はコレ|10サイトを分析した結果発表

ペニスの増大法を紹介している各サイトで、それぞれ「効果のある正しい方法」「効果のない間違った方法」として様々な手法を紹介していますが、サイトによって真逆な意見を述べているところもあります。

そこで、方法別に紹介された回数をスコアとし、正しい方法と間違った方法を比較します。

正しい増大法・間違った増大法のスコアはこちら

【正しいと紹介された方法】

PC筋トレーニング 5
サプリメント 3
下半身筋トレ(スクワット) 3
ミルキング 3
ジェルキング 3
ペニス牽引法 2
コックリング 1
クランピング 1

【間違っているとして紹介された方法】

炭酸水 2
禁欲 2
ミルキング 2
ノーパン 2
牽引器具 1
増大パンツ 1
禁酒 1
禁煙 1
吸引 1
コックリング 1

時点でサプリメントやミルキング・ジェルキングといった手法が票をあつめています。
正しい方法として一番人気だったのが「PC筋トレーニング」。

さらに、体内に埋没しているペニスを引っ張り出す「ペニス牽引法」も人気の手法のようです。

一方間違っているとして指摘された回数が多いのが、「炭酸水」「オナ禁」「ノーパン」「ミルキング」です。

ペニスを牛の乳搾りのように刺激することでペニスを大きくするミルキングは、サイトによって評価が割れる結果となりました。ミルキングの真偽に関しては後ほどの章にてお話しします。

ペニス増大の間違った方法を解説

ペニスを大きくするために悩んできた男性たちが導き出した、間違った方法は「炭酸水を使ったトレーニング」「オナ禁」「ノーパンで過ごす」の3つとなりました。
順番に解説していきます。

炭酸水を使った間違った増大法

こちらのトレーニングは、ペニスを炭酸水の入ったコップに直接浸け、60秒ほどキープするというものです。
そもそも、なぜ炭酸水を使用することでペニスが大きくなるという話が広まったのでしょうか?

ペニスが大きくなるための条件の1つとして、「血行の促進」があります。
ペニスは数多くの毛細血管からなる器官ですので、そこへ通る血液の量が増えればペニスを大きくすることができます。

炭酸の刺激を利用して血行を促進することでペニスへ供給される血液量が増える=ペニス増大につながるということのようですが、体験者の話によると「ペニスを60秒間蜂に刺され続けているかのような激痛が走る」とのこと。

血行が促進できる方法は他にもあるため、わざわざこの手法を採用する理由はないでしょう。

いき過ぎたオナ禁は増大に効果なし

「禁欲をすることでテストステロンが増えるため、ペニスの増大に効果がある!」
こちらは禁欲が正しいペニス増大法だと言われる際の説明です。

血行を促進する効果のあるテストステロンですが、禁欲でテストステロンが増えるのはあくまで一時的です。
禁欲とテストステロンの増加は確かに相関があり、禁欲後一週間をピークにしてテストステロン値は徐々に上昇していきますが、8日目に入るとそこからテストステロン値は逆に下がっていってしまいます。

ペニスの増大を信じて長期間のオナ禁をする人がいますが、実は逆効果な方法です。
いき過ぎた禁欲でストレスが溜まってしまうと、セックス中の中折れに繋がったりと別の問題が出てくる可能性もあるので、オナニーはこまめにするようにしましょう。

ノーパンで過ごしても増大効果はない

「ノーパンで過ごすことでゴムの締め付けが無くなりペニスへ流れ込む血流が改善できる」としてペニス増大法の仲間入りを果たしたノーパン作戦ですが、パンツを履こうが履くまいが、あなたの血行に大差はありません。

下着はあなたのペニスを保護するために履くものです。ペニス増大のためにノーパンで過ごしていて、トイレを済ませたあとにズボンのファスナーがあなたのペニスの皮を巻き込んでしまったらと想像してみてください。

毎日快適に履いている下着を脱いだところで血行促進の効果はほぼありませんし、危険が増えるだけなのでこの手法は試さない方が無難でしょう。

ペニス増大の正しい方法を解説

ペニス増大に効果があるとされている手法はトレーニング系(PC筋トレーニング)、増大アイテム系(サプリメント・クリーム)、マッサージ系(ペニス牽引法、ジェルキング)と大きく分けて3種類あります。
まずはPC筋トレーニングの説明からです。

PC筋トレーニングとスクワットはペニス増大に効果あり

PC筋とは睾丸付近に位置している筋肉で、ペニスへ血液を送るためのポンプの役割を担っています。
この筋肉を鍛えることでペニスを大きくする効果が期待できるため、ペニスのサイズに悩んでいる人たちの間で人気のトレーニングです。

PC筋トレーニング(肛門開閉トレーニング)のやり方

  1. 肛門を強く「キュッ」と引き締め、5秒間キープする。
  2. 3秒緩める。その後1と同様に再度「キュッ」と肛門を締め5秒キープ。
  3. これを10回程度くり返す。

手順はコレだけ。3分ほどで1日のトレーニングは完了なので、できるだけ毎日続けるようにしましょう。通勤・通学の電車中やイスに座りながらでもできるトレーニングなのでぜひ試してみてください。

ペニスを大きくするスクワットのやり方

下半身には全身のおよそ70%の筋肉が集まっていると言われており、筋トレの際に稼働する筋肉量も他の体の部位と比べて多くなります。そのため消費するエネルギーも高く、血行改善に効果のあるテストステロンが多く分泌される、というのがスクワットがよりペニス増大に有効な理由です。

効果的なスクワットの方法をお伝えするのでぜひ試してみてください。

  1. 肩幅より広く両脚を開き、つま先は少し外側に向けて直立する。
  2. 腹筋に力を込めて、両膝を外側に向けながら、太ももが地面と平行になるまで3秒ほどかけて腰を落とす。
  3. 脚を外側に開いたまま3秒かけて立ち上がり、元の姿勢に戻る。これを10回繰り返す。

腰を落とす際と、立ち上がる際には必ず両膝を外側に向けるようにしましょう。
こうすることで、負荷をキープすることができ、怪我防止にもなります。

1日一回ずつでも徐々に効果は出てくるので、始めてみましょう。

ジェルキングでペニスを大きくしよう

ジェルキングはペニスに直接刺激を与え、血流を増加させることでペニスが増大できる手法です。
トレーニング前にある程度ペニスをあっためておいたり、滑りをよくする必要があるため浴室で行うのがおすすめです。以下にやり方をご説明します。

  1. 怪我や皮膚の炎症を抑えるため、湯船に浸かるもしくは温水のシャワーで30秒ほどペニスを温めます。このとき、ペニスは通常時の状態に保って置いてください。
  2. ここで、ペニスを半勃ちの状態にします。ローション(ない場合はボディーソープなど潤滑油になるもの)をペニスに塗り、ペニスの根元を片手の人差し指と親指で輪っかを作り、包み込みます。
    (OKマークの間にペニスの根元がくるイメージ)
  3. ペニスの根元からゆっくりと輪っかをスライドさせ、亀頭のつっかえる部分に到達したら3秒ストップします。これを10分間繰り返しましょう。

また、ジェルキングをする際には以下の2点を必ず守るようにしてください。

  • ペニスをきつく締めすぎないこと。
  • 10分以上のトレーニングは血管に強い負荷がかかるため、時間を守ること。

誤った方法でトレーニングをしてしまうと、思わぬリスクに繋がることがあります。
とはいえ、確かな効果がある方法ですのでやり方を守りつつ積極的に行ってみてください。

ペニス牽引法でペニスを大きくしよう

ペニス牽引法とは読んで字のごとく、ペニスを引っ張ることで血行を促進しペニス増大を狙う手法です。
方法は以下の通り。

<ペニス牽引法のやり方4ステップ ※全ての工程を通常時のペニスで行ってください>

  1. 前方へ引っ張る。
    ・片方の手でUFOキャッチャーのアームのような形を作り、亀頭を掴む。
    ・前方へ引っ張り伸び切らなくなったところでキープ。
    ・30秒キープ。
  2. 上下に引っ張る。
    ・ステップ1と同様の形で亀頭を掴む。
    ・ペニスをヘソの方向(上方向)へ引っ張り伸びきったところでキープ。
    ・30秒キープ。
    ・下方向でも同様に行う。
  3. 左右に引っ張る。
    ・ステップ2と流れは同じ。
  4. 360度ゆっくり回す。
    ・5~6秒ほどかけてペニスを一周回す。
    ・合計で30秒間繰り返す。

以上が正しいペニス牽引法のやり方です。1日一回を目安に、1〜4を通して行うようにしましょう。
なお、怪我の原因になるためペニスは絶対に引っ張りすぎないようにしてください。

サプリメントもペニス増大に効果あり

サプリメントを摂取は、これまで紹介したトレーニングでのテストステロン増加・血行促進の効果をより高めてくれます。

とりわけトレーニングのお供に摂取しておきたいのが「亜鉛」配合のサプリメントです。
亜鉛は特に体内でのテストステロンの生成・維持をサポートしてくれる成分なので、摂取することで大きなペニスへの近道となります。

一日あたりに推奨される亜鉛の摂取量は12mgですが、実は成人男性が食事によって1日で摂取できる亜鉛は8mg程度と言われています。
この不足分をサプリメントで補うようにすることで推奨摂取量に届くようにしましょう。

市販されている亜鉛配合サプリは、おおよそ1日一粒ほどの摂取で済むようになっているので、気軽に始められるはずです。

ミルキングは本当に間違った方法?|方法を守ればペニス増大に効果あり

改めて、ミルキングとは半勃起状態のペニスを握ることで血流をよくすることが目的のトレーニングです。

先ほど紹介したジェルキングも血管に負担がかかりすぎないように調整することが必要でしたが、「ミルキングの場合は完全にペニスを包み込み絞るようにマッサージするため、より血管に負荷がかかる」というのが間違った方法であると言われている原因のようです。

しかし、完全に包み込むように手で握るのではなく、小指から順番に指を閉じていく方法(まさに牛の乳搾りを想像してください)で、ペニスを握るようにすればジェルキングと同じ要領で血行の促進が可能です。

潤滑油となるローションなどは必要ありませんが、ジェルキングと同じく事前にペニスをあっため、10分を超えない範囲で優しく行うようにしましょう。
また、ジェルキングと一緒に行う場合は、2つ合わせて10分を超えないように意識してください。

ミルキングは評価がわかれる手法ですが、ジェルキングと同様にやり方を守り、ペニスの負担にならないように気をつければ効果があります。
強く握りすぎないように注意しながら実践してみましょう。

間違ったペニスの増大法に注意

自分が行っているペニス増大法は正しいのか、悩みながら継続するのはなかなか難しいと思います。

今回はそういった方のために様々なサイトに掲載されている内容を調べ、間違っているとされる方法・正しいとされる方法をそれぞれご紹介しました。

改めて間違った方法・正しい方法は以下の通りです。

間違い

  • 炭酸水トレーニング
  • オナ筋
  • ノーパンで過ごす

正しい

  • PC筋トレーニング
  • スクワット
  • サプリメント
  • ペニス牽引法

ジェルキングとミルキングも効果のある方法ですが、必ずやり方を守って実践するようにしてくださいね。

この記事を参考に、ペニス増大へ向け迷わずに突っ走れるようになっていただければ幸いです。